東宝、錦糸町の楽天地ビル運営の東京楽天地を完全子会社化へ ー TOBにより株式を取得

Total
0
Shares

東宝が、錦糸町の楽天地ビルなどを運営する東京楽天地を完全子会社化するためにTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表しました。また、東京楽天地はこれに賛同の意思を表明しています。
TOBは1月24日まで実施し、取得価額は約232億円にのぼる見込みです。

東京楽天地の前身である江東楽天地は東宝と同じ創業者である小林一三氏によって創業された企業で、もともと関係性のある企業です。東宝はすでに東京楽天地の株式を22.79%所有しており、持分法適用関連会社となっています。

今回完全子会社によって、東宝は3つのシナジーを期待しています。「不動産賃貸事業の強化」「映画興業事業の強化」「コーポレート機能の連携および人材交流」。
不動産に関しては、東宝が保有していない台東区や墨田区の物件を東京楽天地が保有しているほか、大小合わせて約40件の再開発を実施した実績を評価しています。
TOHO シネマズ錦糸町に関しては、完全子会社化により連携を強化し、効率化および収益性の向上を見込んでいます。

近隣住民としては完全子会社化によってテナントなどに変化があるのか、というところですが、特にその点については触れられていません。
東京楽天地にとっては、時価総額が純資産の評価額を下回る状況が続いていたほか、昨今の規制強化などにより、上場を維持するコストが重しになっていたとのことです。

  • 東宝による公開買付けの開始に関するお知らせ(PDF
  • 東京楽天地による公開買い付けに賛同する意見表明(PDF
You May Also Like

カメイドクロックが開業から1周年、ポイント10倍などの様々なイベントを開催

野村不動産が運営する東京・亀戸六丁目の商業施設「KAMEIDO CLOCK(カメイドクロック)」が、4月28日で開業1周年を迎えた。1周年を記念し、4月28日から5月7日までの期間、「KAMEIDO CLOCK 1st …
View Post

亀戸天神社で「藤まつり」が開催(4月15日から5月5日まで)

亀戸天神社で毎年恒例の「藤まつり」が4月15日から5月5日まで開催する。入場料は無料。 「藤まつり」は、4月の下旬から境内に50株以上ある藤の花が一斉に咲きはじめる時期に合わせて開催される恒例行事。期間中は、日没から夜9…
View Post

亀戸を舞台にした漫画「一級建築士矩子の設計思考」の2巻が発売

亀戸を舞台にした漫画「一級建築士矩子の設計思考」(鬼ノ仁 著)の2巻が4月18日に発売した。亀戸を舞台に繰り広げられる物語となっており、亀戸在住であれば楽しめるポイントがたくさんある漫画だ。 亀戸の実在の店舗もたくさん登…
View Post